競合サイト調査ツール5選!更新チェックツールの有効性もご紹介

ビジネスを戦略的に行っていくために、競合調査は欠かせません。競合他社の調査を行った上で分析しながら次なる戦略を立てることで、有意義な事業を展開できます。中でも競合サイトを調査することは重要な施策といえます。
今回は、競合サイトの調査を効率化するツールをご紹介します。

目次

1.競合サイトを分析するメリット

企業が競合サイトを調査し、分析することは次のメリットがあります。

●競合サイトとの差を具体的に把握できる

競合サイトを調査するに当たり、掲載されている内容や情報の見せ方のほか、サイトのアクセス数や検索順位などの細部の項目を調査分析することで、自社の戦略や自社サイトにおける競合他社との差を見つけることができます。差を特定できれば、項目に応じてその差を埋めたり、拡大したりすることで、戦略やサイトづくりにおいて差別化を図ることができます。

●SEOの戦略が立てやすくなる

競合サイト分析は、自社サイトのSEOにも役立てられます。SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、Googleなどの検索エンジンからのアクセス数やコンバージョン数を増やすために行う施策を指します。

競合サイト調査でアクセス数や流入キーワード、検索順位における順位、流入経路、被リンクなどを知ることができれば、自社サイトのSEOの施策をコントロールしやすくなります。

●更新頻度や更新情報をいち早く知ることで事業戦略にも活かせる

競合サイトの更新頻度や公開される更新情報の内容を随時チェックすることも重要な競合サイト調査です。更新をいち早く知ることで、タイムリーな経営判断や営業・マーケティング戦略立案などを行うための重要な参考材料となります。

2.競合サイト調査ツール5選

競合サイト調査ツールをジャンルごとにご紹介します。ツールの比較の際にお役立てください。

1.Webモニタリング自動化ツール

●CERVN(サーブン)

CERVNは、ビッグデータの収集・整理・蓄積・可視化・分析ソリューションの提供を行うキーウォーカーが提供するWebモニタリング自動化ツールで、Webページの更新情報・差分情報を自動で検知し、メール通知を受けられます。

人に代わってWeb監視・検知・調査を自動化し、競合調査にも役立てられます。

「更新されている場所が分からず、情報を見落としてしまう」「チェックするサイトが多すぎて、定期的なチェックができない」「毎日見に行かなければならない」という心理的負担が大きいといった競合サイトの更新チェックのお悩みを解決します。

メールで更新通知を受けた後は、CERVNを確認すれば調査対象サイトの更新箇所が一目でわかります。

競合サイトの特定のページだけ更新チェックしたいといった場合にも、必要なページだけ更新チェックでき、余計な通知を受けることがありません。

CERVNは競合サイト全般の情報調査が可能であり、かつタイムリーに更新チェックを行いたい場合には特におすすめできます。

2.SEOツール

●Keywordmap

KeywordmapはWebサイトで使われているキーワードを拾い、分析やコンテンツ制作に役立てられるSEOツールです。

一目でマップ形状にてキーワードが確認でき、競合サイトや自社サイトのキーワード使用状況を感覚的につかむことができます。

またキーワードマップをもとにどのようなコンテンツを作成すれば掲載順位が上昇しやすくなるかがわかる機能もあるため、SEO対策に役立ちます。

●Similar Web

SimilarWebは、イスラエルの企業が提供している競合サイトのアクセス状況や流入経路かわかるSEOツールです。

調査したい競合サイトのURLを入力するだけで、手軽に直近の月間アクセス数や流入元などの情報を確認することができるので便利です。

日本語にも対応しており、無料でも利用できるのが特徴ですが、無料利用においてもアカウント登録を行う必要があります。

有料プランではより広範囲の情報取得が可能になり、競合調査にも役立てることができます。

3.無料ツール

●PageSpeed Insights

PageSpeed InsightsはGoogleが提供している無料ツールで、Webサイトの表示速度を確認できます。

WebサイトのURLを入力するだけで、ブラウザ上でWebサイトの表示速度が無料で計測できます。ページの読み込み時間を100点満点で表示するため、競合サイトや自社サイトの分析に役立てられます。

ページの読み込み時間が遅い場合には、表示時間が遅くなっている原因の分析結果が表示されるため、ユーザビリティ改善に役立ちます。

競合サイト調査の一つとして手軽に利用できるツールと言えます。

●Wayback Machine

Wayback Machineは、米国発の無料ツールです。WebサイトのURLを入力すれば、過去のデザインをさかのぼって表示してくれます。

競合サイトのURLを入力すれば、どのような変遷をたどってきたのかを確認できるので、自社サイトのデザインを検討するのにも役立ちます。

表面上ではわからないサイト情報を調査できるという点において、競合調査には有効なツールといえます。

3.競合サイトの更新チェックができるツールの有効性

今回ご紹介したWebモニタリング自動化ツールのように、競合サイトの更新チェックができるツールは、特に競合調査を有意義なものにしてくれるでしょう。

競合サイトの更新があるたびに通知が受けられるWebモニタリング自動化ツールでは、リアルタイムに近い形で競合の動きを把握しやすくなります。

どこが更新されたのかも一目で確認することができるので、すぐに新たなコンテンツの分析に取りかかることが可能です。また更新箇所を詳細に知ることができることで、より競合の戦略を理解しやすくなります。

情報収集を自動化できる点については作業効率化のメリットもあります。人手不足による少ない人員で、時間の限られた中、作業する必要があることの多い昨今の職場では、業務効率化の課題解決にもつながるツールといえるでしょう。

【関連コラム】
競合調査は自動化できる?他社Webサイトの更新を通知する方法をご紹介
競合他社のニュースリリースを即時通知!おすすめの方法をご紹介

4.まとめ

競合調査の中でも競合サイト分析は、重要といえます。さまざまなツールがある中から、自社に最適なツールを選ぶことをおすすめします。

Webモニタリング自動化ツールの「CERVN」は、競合サイト調査の導入事例も多く、実務に役立てられます。

タイムリーに更新のメール通知を受けられることから、競合サイト調査を効率化できます。競合サイト分析の一助として役立つのはもちろんのこと、その他の情報収集にも幅広く使うことができ、業務効率化にも寄与します。

競合サイト調査や分析をお考えの際には、ぜひお気軽にご相談ください。

Webモニタリングサービス CERVN
無料ダウンロード資料

「Webサイトがいつ・どこが更新されたのかが分からない」
「大量のWebサイトをモニタリングしたいけどリソースが足りない」

そんなお悩みに応える、Webモニタリング自動化ツール「CERVN」のダウンロード資料です。
CERVNの特徴や、豊富な機能、導入事例、料金など、Webサイトには掲載していない情報までこの一冊に集約!ご興味がある方はぜひ無料でダウンロードしてみてください。