競合調査は自動化できる?他社Webサイトの更新を通知する方法をご紹介

市場競争が激化し、消費者の購買行動に大きな変化が生まれている昨今、競合調査は特に重要な活動となります。顧客に選んでもらうため、差別化を図るためにさまざまな観点で競合他社を調査し、その都度、対応策をとっていくことが求められています。競合他社の新製品や価格改定の情報を知らないと、売上の低下や顧客離れにも繋がるため、Webサイトからスピーディーで確実に情報収集していくことが必要です。しかし、競合調査そのものはコア業務ではなく、いかに調査結果を有効活用していくかが重要です。そこで今回は、迅速かつ効率的に、信頼の置ける競合情報をWeb上で入手するための方法をご紹介します。

目次

1.Webの競合調査のよくある課題

競合調査で他社サイトを調査対象とするときには、主に次のような課題がよく挙がります。

1-1 複数の競合他社Webサイトの閲覧や更新チェックに負荷が高い

競合他社はたいてい複数存在するものです。毎日、複数の他社サイトを目視で確認し、更新チェックを行うのは工数や手間、人件費がかかります。

1-2 「サイトの更新頻度」の把握も競合分析に必要だが、把握方法がわからない

競合情報を入手した後は、分析を行うのが一般的ですが、その分析に必要なデータの一つがサイトの更新頻度です。しかし、どのように入手したら良いのかわからないという課題があります。

1-3 タイムリーに更新情報を手に入れたい

他社サイトの更新のたびに、できるだけ早くその情報を入手し、内容によっては、自社もしかるべき対応を行う必要があります。その手段を探している企業は多いものです。

1-4 できるだけコストを抑えたいが無料ツールは信頼性に欠ける

競合調査のツールは無料のものもあり、コストを抑えたいニーズには合っていますが、精度や動作の信頼性に欠ける点はどうしても課題となってしまいます。

1-5 競合調査専門会社に委託するまでもなく、社員が手軽にできる方法を探している

競合調査は、簡易的に行う方法から、競合調査専門会社に外注する方法までさまざまです。しかし企業によっては、自社の社員が手軽に業務の合間に行えるような体制が最適なこともあります。

2.Webの競合調査の課題を解決する方法

課題を解決するには、次のような方法が考えられます。

2-1 更新チェックツールを活用する

目視で他社サイトを訪問して調査を行っている場合、更新チェックツールを競合調査ツールとして利用すれば、効率化することができます。例えばWebサイトの更新チェックツールやWebブラウザの更新チェッカーなど、簡易的なツールは無料のものもあります。手軽に利用できるのでコストを抑えた競合調査が可能になります。

2-2 他社サイトの更新通知を差分チェックツールで受け取る

更新チェックのみならず、更新箇所を確認できる差分チェックツールを競合調査ツールとして活用する方法もあります。対象のサイトが更新されたらタイムリーに通知してくれるため、webサイトへ訪問する工数を削減でき、競合調査を自動化できます。
さらに更新があったサイトについては、「どこが更新されたのか」を確認できるため、見落としを防ぐことができます。

新製品情報や、新プランの発表、価格変更などビジネスにおいて重要になる情報を逃さずにリアルタイムでキャッチできるので、競合調査ツールとしてとても優れています。

2-3 競合調査・分析サービスを利用する

世の中では、多様な競合調査・分析ツールやサービスが提供されているため、それらを利用するのも良いでしょう。例えば競合となる他社サイトの行動ログを分析できるツールでは、競合サイトの分析やSEO対策していると思われる検索キーワード、ターゲットユーザーの理解などが可能になります。

3.Webの競合調査ができるツール・サービス

●無料の更新チェックツール

WWWC
「WWWC」はWindowsで使用する無料のWebサイトの更新チェックツールです。
ソフトウェアをダウンロードすることで使用できます。登録したURLの更新チェックを行い、更新されたら通知を受けることが可能です。
最大30URLがチェックでき、チェック時刻やチェック間隔を指定することもできます。

●有料の更新チェックツール

・CERVN
「CERVN」とはWebページの更新情報・差分情報を自動で検知し、自動でお知らせするWebモニタリング自動化ツールです。最大30,000URLが調査でき、テキスト、画像、HTMLの差分チェックが可能です。チェック箇所をハイライト表示してくれるためWebサイトの更新箇所が一目でわかります。
また、ページの深さの指定や検知箇所の指定など、細かい設定も可能です。

●競合調査サービス

株式会社東京商工リサーチ
株式会社東京商工リサーチが提供する「競合企業・業界動向調査」です。
現地確認やインタビューなどの直接的手法だけでなく、Web調査や文献や周辺取材など側面的手法により調査し、競合の組織体制や給与水準、部門・製品別の売上高調査も可能です。国内最大級となる900万超の企業データベースを構築した取材力と、日本最古の信用調査会社としての経験が特徴です。

●Webサイト分析ツール

Ahrefs
「Ahrefs」はシンガポールに本社を置く「Ahrefs Pte.Ltd社」が開発した、世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。
クローラーによる世界最大級の被リンクデータ保有量と、データ更新頻度の高さが特徴のツールです。競合サイトの被リンク分析だけでなく、検索広告のキーワード、流入キーワードの分析、キーワードの検索ボリュームや難易度まで調査ができるため、Webマーケティングの強い味方になります。

4.他社サイトの更新通知を受け取ることで競合調査の効率化を実現した事例

あるECサイトは、競合サイトの調査を行う際に、他社サイトの更新通知を受け取る差分チェックツールを活用することで、競合調査の効率化を実現しました。

●課題

競合サイト調査において、確認する箇所があまりにも多いことから人力で行うのに限界がありました。また、競合サイトにおける販売価格の変更の頻度が高い中、調査に時間がかかる割に、調査結果の精度が低いのが課題でした。

●ツール導入

そこで競合他社のサービス情報収集を自動通知するツールを選定し、導入しました。

調査したい競合サイトのURLを一括で登録し、ページ内の一部分だけを検知したり、一部分だけ除いてそれ以外の箇所の更新があれば検知したりすることができるツールでした。

●効果

結果、ツール導入前と比較し、1回のサイトチェックの時間を短縮することができました。導入前は50サイトを確認するのに、1ヵ月に1回程度が限度でしたが、導入後は80サイトを毎日チェックすることができ、更新があれば検知できるようになったので、チェック頻度を大幅に増やすことができました。

さらに、チェックするサイト数・URL数も増やすことができたので業務効率性が大幅に向上しました。

また競合他社サイトの更新があり次第、対応策や新規施策を迅速に実施することができるようになったため、機会損失を防ぐことができるようにもなりました。

5.まとめ

競合調査をWebで行う場合には、迅速かつ正確な更新情報調査が求められます。そこで役立つのが、Webモニタリング自動化ツールです。大幅な業務効率化の実現が期待できます。

今回、ご紹介した事例は、キーウォーカーのWebモニタリング自動化ツール「CERVN(サーブン)」の導入事例です。

CERVN(サーブン) はWebサイトの差分や更新情報を自動で取得し、お知らせするツールであり、アフィリエイトの記事チェックや競合調査などに活用できます。

更新箇所の比較が一目でわかる上に、更新があり次第、自動でメール通知を受けられるため、調査業務が効率化します。競合調査にも大いに役立ちます。詳細は、サービス紹介ページをご覧ください。

Webモニタリングサービス CERVN
無料ダウンロード資料

「Webサイトがいつ・どこが更新されたのかが分からない」
「大量のWebサイトをモニタリングしたいけどリソースが足りない」

そんなお悩みに応える、Webモニタリング自動化ツール「CERVN」のダウンロード資料です。
CERVNの特徴や、豊富な機能、導入事例、料金など、Webサイトには掲載していない情報までこの一冊に集約!ご興味がある方はぜひ無料でダウンロードしてみてください。