ネットモニタリングとは?おすすめサービスもご紹介

企業は自社のさまざまなリスクを回避するために、ネットモニタリングを積極的に行っています。インターネット上の情報や意見が重要視される昨今において、企業の存続にも関わるネットモニタリングの必要性が増しています。

今回は、ネットモニタリングの概要からネットモニタリングが重要視される背景、効率的に行うことができるWebモニタリングツールのメリットまで解説します。

目次

1.ネットモニタリングとは?

ネットモニタリングとは、インターネット上をモニタリングすることを指します。モニタリング(monitoring)とは日本語で「監視」「観察」となります。つまり、何らかの目的でネット上の情報を監視したり、必要性の高い最新情報を取得したりする活動を指しています。

●ネットモニタリングの目的と対象

ネットモニタリングは企業にとって重要かつ当たり前に行われている活動となっています。ただの情報収集ではなく、主に自社のリスクを回避するためにリソースを割いて実施されており、例えば次の目的と対象で行われています。

・広告主によるアフィリエイト記事の法律違反表示の監視
・マーケティングのための口コミモニタリング
・自社運営のコミュニティサイトやWebサービスのルール違反監視のためのコミュニティサイト監視
・炎上リスクや風評被害予防、人権侵害の発言などを見つけるためのSNSや掲示板、ブログなどの監視

アフィリエイト広告を出している広告主については、アフィリエイターによる法律違反となる広告表現には企業責任が問われる、違反を監視する必要があります。
またマーケティング目的で、自社商品やサービスの口コミをモニタリングして常時、収集しているケースも少なくありません。
また、コミュニティサイトやSNSを運営している企業においては、ルール違反や炎上、風評被害、人権侵害の発言などのリスクを早期に発見するためにネットモニタリングを行っていることもあります。

関連リンク:Webリスクモニタリングとは?自社に合ったサービスでリスクを回避!

2.ネットモニタリングが重要視される背景

ネットモニタリングが重要視されている背景として、次のことが挙げられます。

●アフィリエイト広告の法律抵触リスクが高まっている

アフィリエイト広告の市場規模は年々増加しているといわれており、今後も成長予測が立てられています。その広告の特性上、高い広告効果が期待できることもあり、多くの企業からは魅力的な広告として扱われています。

一方で、多くのアフィリエイターに自社商品やサービスを宣伝してもらう際に、ブログやSNSでの表現において薬機法に触れる部分があるなどすれば、広告主にも責任が生じます。しかし、必ずしもアフィリエイターが薬機法に精通しているわけではないため、リスクのある表現をしてしまう可能性があります。このような法律抵触リスクを回避するために、ネットモニタリングは重要な活動となっています。

●市場競争の激化や消費者の嗜好の多様化

市場競争の激化や消費者の嗜好の多様化により、口コミサイトやSNSを通じて消費者やユーザーの声を随時、取得することは欠かせません。市場競争に勝っていくためには、ユーザーの声を拾い上げて商品・サービス改善に活かしていく必要があります。

●炎上や風評被害の増加

誰もが容易にインターネットにアクセスして発言できる時代において、炎上や風評被害も増えています。企業が標的になるリスクはもちろんのこと、自ら炎上を起こしてしまうリスクも決してゼロではないことから、常にネット上の監視を行うことは必要不可欠です。

●コミュニティのトラブルや健全性・信頼性の低下リスク

コミュニティを運営している企業は、ユーザーの言動によってユーザー同士でトラブルが生じたり、運営企業にとって健全性や信頼性が低下したりするリスクがあります。未然に防ぐためには、早期発見する必要があることからネットモニタリングは重要といえます。

3.ネットモニタリングにおすすめのWebサイトモニタリングツールとは?

ネットモニタリングを行う手段としては、目視やモニタリングツールの利用、代行サービスの利用といった複数の方法があります。中でもおすすめなのが、Webサイトモニタリングツールです。

●ネットモニタリングの手段

ネットモニタリングの手段には、人がWebサイトを開いて目視する方法、WebサイトモニタリングツールでWebサイトの更新を検知し、情報リサーチを自動化するツールを利用する方法、モニタリング代行サービスを利用して、モニタリング結果を納品してもらう方法があります。

●Webサイトモニタリングツールとは?

Webサイトモニタリングツールとは、モニタリングしたいWebサイトのURLを登録しておくと、自動で更新を検知し、通知する機能を持つツールです。指定のキーワードを登録しておけば、そのキーワードを含む記事が公開された際に通知してくれます。

例えばアフィリエイトサイトに記事が新しく投稿されたら通知を受けられますし、その記事にあらかじめキーワード登録しておいた法律に触れるリスクのある語句が含まれていれば、それを検知し知らせてくれます。

●Webサイトモニタリングツールが有効な理由

Webサイトモニタリングツールがネットモニタリングに有効な理由として、次のことが挙げられます。

・大幅に工数を削減できる
更新や該当キーワードが確認されるたびに、その都度、メールによる自動通知を受けられるので、作業を自動化できます。
これまで目視で、定期的にサイトの更新やリスクのある内容をチェックしていた場合には、それらの作業がすべて不要になることから、大幅に工数とコストを削減できます。

また膨大な数のWebサイトをチェックする必要がある場合、すべてをチェックしきれなければ、リスクが上がります。ツールを利用すれば数万サイトを登録できる上に、漏れなくチェックを自動化できるので、リスクを下げることができます。

・随時、更新を確認できるので迅速に対応できる
メール通知を受けるごとに、気になる箇所があれば、即座にチェックしにいくことができます。リスクの高いワードが投稿されていた場合には、迅速に対応が可能になります。

・見落としのリスクも減らせる
チェックはツールが自動的に行うため、リスクのあるキーワードを見落とすことはありません。目視ではどうしても見落としが発生しますが、ツールを利用することで回避でき、チェックの精度を高めながらリスクを減らすことができます。

4.まとめ

ネットモニタリングは、インターネット旺盛時代には欠かせない取り組みです。

さまざまな手段がある中で、Webサイトモニタリングツールは自社で運用できるため、リスクを最小限に抑えながらコストを効率化しながらネットモニタリングを行える点にメリットがあります。

優れたWebサイトモニタリングツールをお探しなら、「CERVN(サーブン)」をご選択ください。

最大30,000URLを登録でき、テキストだけでなく、Webサイトを構築する言語であるHTMLや画像の更新も検知が可能です。また更新箇所の差分が一目でわかるため、よりネットモニタリングを効率化できます。

動作保証はもちろんのこと、サポートも専任の技術担当者が迅速かつ丁寧に対応いたします。詳細は、無料でダウンロードいただける資料にも掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

Webモニタリングサービス CERVN
無料ダウンロード資料

「Webサイトがいつ・どこが更新されたのかが分からない」
「大量のWebサイトをモニタリングしたいけどリソースが足りない」

そんなお悩みに応える、Webモニタリング自動化ツール「CERVN」のダウンロード資料です。
CERVNの特徴や、豊富な機能、導入事例、料金など、Webサイトには掲載していない情報までこの一冊に集約!ご興味がある方はぜひ無料でダウンロードしてみてください。