補助金のスケジュール更新を自動通知する方法をご紹介!

補助金は、返済不要で財政的な負担を軽減しながら事業を進められる有意義な制度です。補助金を利用するには自社の事業に親和性の高いものを情報収集した上で申請する必要があることから、日頃からの情報収集が重要になります。

今回は、補助金の情報収集の中でもスケジュール情報の把握にまつわる課題から、Webモニタリング自動化ツールで自動通知する解決策とメリットについてご紹介します。

目次

1.補助金のスケジュールは把握が困難

補助金とは、国や自治体から企業に資金の一部を給付する制度です。補助金事業は政策に基づき、デジタル化支援などのさまざまな目的で実施されており、開始時期や申請期間などは事業によって異なってきます。そのため、適した補助金を見つけて申請するためには、常に情報のアンテナを張っている必要があります。

●補助金の情報収集項目

補助金の情報収集の主な項目には次のものが挙げられます。

種類(補助金・助成金など)、地域、実施機関、募集期間・スケジュール、趣旨・目的、対象事業者、対象経費、審査項目、申請方法、提出書類など

●補助金のスケジュールの情報収集の課題

補助金の募集期間は限られており、スケジュールは変更されることもあるため、タイムリーな把握が必要です。しかしWebブラウザを立ち上げて補助金情報サイトを目視で確認している限り、タイムリーな把握は困難といえるでしょう。

補助金の情報収集において大きな課題となるのが、このタイムリーなスケジュールの把握についてです。

【関連コラム】
補助金の簡単な調べ方とは?自動通知する方法をご紹介
補助金の情報収集をタイムリーに行う方法とは?手動で行っている人必見

2.補助金のスケジュール・更新を見落とすデメリット

補助金のスケジュール情報を見落とすことは、さまざまな立場・シーンにおいてデメリットにつながってしまいます。

●補助金情報を見逃してしまうリスク

補助金情報をリサーチしていたのにもかかわらず、情報を得た時点ですでに募集期間が終わっており、申請を締切ってしまっていたというケースもあり得ます。補助金額が大きい場合、事業を進めるにあたって補助金が受けられないことは大きなデメリットにつながるでしょう。何らかの方法で資金調達をしなければなりません。

●情報収集のコストに無駄が出る

補助金情報の収集にもコストがかかっていることを考えると、コスト効率を検討しなければなりません。

例えば補助金実施機関がWebサイトで公開している補助金情報案内や定期配信しているメールマガジンをチェックして、こまめに情報を収集したとしても、タイムリーに必要な情報を得られなければ情報収集の意味がなくなってしまいます。情報収集コストにも無駄が出てしまうでしょう。

●顧客への情報提供に支障が出ることで営業機会損失

顧客にITツールやコンサルティングサービスの提供を行うビジネスでは、顧客に対して補助金情報を提供することもあるでしょう。しかし、顧客に案内するためには、スケジュールを把握していなければそもそも提案がしにくくなります。そうなれば、営業機会の損失につながってしまうでしょう。

3.補助金のスケジュール情報をWebモニタリング自動化ツールで通知するメリット

補助金のスケジュール情報をタイムリーに把握する方法として、Webモニタリング自動化ツールで通知を受ける方法が考えられます。

●Webモニタリングツールは補助金情報の収集に最適

補助金の情報はWeb上に散在しているため、人が目視によって情報収集するためには複数サイトを定期的に見て回らなければなりません。そのため、WebサイトのURLやキーワードを指定することで、自動で更新をチェックしてくれるWebモニタリングツールは最適です。

定期的に、頻度高くモニタリングを行えば、補助金のスケジュール情報も迅速に知ることができます。

●モニタリング結果を通知できればメリットは大きい

Webモニタリング自動化ツールには通知機能が備わっていることがあります。通知機能とは、モニタリングによって更新が確認された際にメールなどで通知をしてくれる機能です。

これにより、普段はコア業務に専念しながら情報収集を自動化でき、知りたい情報だけを効率的かつ迅速にキャッチすることができます。通知を受けられれば、補助金情報のスケジュール把握も容易に行えます。

情報収集の効率化につながるほか、補助金受給や営業機会損失も防ぐことができます。

このように補助金情報のスケジュール把握にWebモニタリング自動化ツールで自動通知する方法をとることで、大きなメリットが得られます。

4.まとめ

補助金情報の収集にあたっては、特にスケジュール情報の収集が重要になってきます。タイムリーな把握が求められる中でも、Webモニタリング自動化ツールで通知を受ける方法は有効といえます。

Webモニタリング自動化ツールはキーウォーカーの「CERVN」がおすすめです。

WebサイトのURLやキーワードを指定して更新のメール通知を受けられるため、タイムリーな情報キャッチが可能になります。

補助金に関する情報収集の導入事例もあり、実際に企業の実務に役立てられています。ぜひサービスページをご覧ください。

Webモニタリングサービス CERVN
無料ダウンロード資料

「Webサイトがいつ・どこが更新されたのかが分からない」
「大量のWebサイトをモニタリングしたいけどリソースが足りない」

そんなお悩みに応える、Webモニタリング自動化ツール「CERVN」のダウンロード資料です。
CERVNの特徴や、豊富な機能、導入事例、料金など、Webサイトには掲載していない情報までこの一冊に集約!ご興味がある方はぜひ無料でダウンロードしてみてください。