グローバル企業の各国法規や規約の変更をモニタリング

世界各国の行政ページなどのグローバルリサーチも対応

グローバルビジネス
グローバルビジネスにて活用のメインビジュアル

導入前の課題

米国、欧州、中国などの各国の法規制のサイト更新チェックを行っていました。全部で約50サイト、URL数でいうと約500URLにのぼるページ数を定期的にチェックしていましたが、人手不足ということもあり、専任のリソースを割くことはもちろんできず、すぐに確認することができなかったり、タイムリーに情報をキャッチアップできなかったりと不憫に感じることが多くなっていました。
また人の目視による作業だったため、翻訳ツールを使って日本語で確認はしていましたが、抜け漏れも多く機会損失が生じていました。 各国各サイトごとにページの構成も異なっており、トップページ以外の下層のページの更新情報もキャッチアップしなければいけなかったので非常に時間がかかっていました。
確認する量も年々多くなってきたのでスキマ時間では対応が難しく困っていました。

グローバルビジネスにて活用01

CERVNを選んだ理由

リソースを割くことなく、かつ正確に各サイトの更新情報をキャッチアップできるツールを探しており、その中でCERVN(サーブン)を見つけ導入を検討しました。
CERVN(サーブン)はURLの設定とチェック日時を設定すれば、更新があった場合にのみ通知が来るので、無駄なくリソースを有効活用することができると感じたため導入することを決めました。
またCERVN(サーブン)なら設定によって下層ページの検知も行うことができるので、複雑なサイト構成でも抜け漏れなく検知できることが非常に有効だと感じました。差分の比較についてもわかりやすく、変更がある部分はハイライトで見比べることができるので、社内でも使う人が増えると思ったのも決め手となりました。
昨今DX化が社内のテーマでもあったので『人の代わりにサイトをチェックしてくれるツール』を導入することで、社内のDX化推進にも貢献できると思いました。

グローバルビジネスにて活用02

CERVNを活用いただいた結果どのような効果があったか?

無料お試し期間があり、同じ機能が使えるということだったので、まず、これまでチェックしてきた多数の地方自治体の入札や補助金に関するページを登録し、自動でサイトチェックが行われて、情報が開示されたり更新されたらきちんと検知してアラートメールが飛んでくるかどうかを確認しました。
結果、必要な情報は自動で差分がわかり、これまで何時間もかけて調べていたことが一目瞭然でわかる管理画面を見て、なぜもっと早く導入しなかったんだろうと後悔してしまうほど手軽に情報が把握できるようになりました。
数時間かかっていた作業は、アラートが飛んできた時にチェックするだけになり、タイムリーな情報を即対応できるようになったのでこれまでのようなチャンスロスもなくなりました。
何より作業担当者が負担に感じていた非効率的だったアナログ作業がDX化されたことで他の作業へ時間を使うことができ、注力したい業務のモチベーションUPに繋がりました。

グローバルビジネスにて活用03

CERVNが有益だと思われる点

差分があった場合のみお知らせしてくれること。また下層ページの検知も設定できるので、自分が予見していなかった新たな追加ページの情報もキャッチアップできること。チェックサイトは海外のサイトだが、特段不自由なく検知できること。
画像の差分比較はハイライトになるのでわかりやすいところ。今までのチェックの時間を他の施策を考察する時間などに割くことができるようになったので、非常に効果を実感できていること。

その他の活用例を見る

まずは無料でお試し

お申し込みフォーム

運営会社
株式会社キーウォーカー
設立
平成12年11月22日
資本金
6,700万円
代表者
真瀬 正義
お問い合わせ
03-6384-5911
9:00〜18:00(JST)
事業内容
自然言語処理エンジンの研究開発 / ビッグデータの収集・整理・蓄積・可視化・分析ソリューションの提供 / ルーチン業務の自動処理システム提案
主要取引先
共同ピーアール株式会社/ 株式会社ファーストリテイリング/ アデコ株式会社/ カシオ計算機株式会社/ 日本放送協会/ 株式会社ZOZO/ 株式会社東芝/ パナソニック株式会社/ 株式会社リクルート住まいカンパニー/ 総務省/ 日本航空株式会社/ 中部国際空港株式会社/ 特許業務法人スズエ国際特許事務所
〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目8番1号 REVZO虎ノ門4F